酵素でむくみ改善!すっきりデトックスしよう!

1日中立ち仕事が続いたり、出かけていた日の夜はなんだか足がだるいなんてことは、よくありますよね。疲れがたまると顔がむくんだりなんかすると、なんだか体全体がだるくなって朝からすっきりしなかったりなんてことも。むくみの悩み解消したいですよね。

そもそもむくみってどんな状態なの?

人間の体には多くの水分が蓄えられています。体内の水分は細胞の中にある水分と細胞の外にある水分とに分けられます。細胞の外にある水分は血液やリンパ液、そして「間質液」があります。

むくみに関係してくるのが間質液です。

間質液とは細胞と細胞の間をうめている水分で、血管から細胞に栄養を送ったり、老廃物を血管に排出したりしています。本来は血管から染み出る水分と血管に戻る水分は常に同じになるように調整されているのですが、なんらかの原因でバランスが崩れると、血管から染み出る水分量が多すぎたり、血管に戻す量が少なすぎたりして、過剰な水分がたまってしまう状態がむくみの正体です。

本来は血管を通って老廃物が排出されるのですが、体内に残ってしまうため、おのずと循環も悪くなります、体内の水分量が多くなるため、電解質バランスも崩れ腎臓にも負担がかかっている状態なのです。

なにげなく、むくんでいるなぁと感じている時は、すでに体の中では様々な異変が起き始めているのですね。

むくみの原因って?あなたもあてはまる?

むくみの原因にもさまざまなものがあります。何か病気がかくれているものもあるので、ひどいむくみが続くときや日増しに悪化するなどの症状があるときは注意が必要です。

病気によるむくみの場合は動悸や息切れ、急激な体重の増減、尿の量の減少などの他の症状も出てくることがあるので、そういった場合はかかりつけ医に相談したほうがいいかもしれません。

一晩寝たら治るものや、一過性のむくみであれば病気以外の原因=生活習慣によるものが考えられます。

体の冷え、アルコールの飲みすぎ、不規則な生活、脂っこい物や塩分の高い食事など食生活の乱れは腎臓に負担を掛けたり、血液循環の妨げになるのでむくみの原因になります。

また女性であれば、締め付けのきつい下着の着用も循環が悪くなるので注意が必要です。さらにストレスなども、ホルモンバランスを崩してむくみの原因になるといわれています。

こころあたりにある人も多いのではないでしょうか。このような状態が続くと、むくみ以外の症状も招きかねないので、少し生活を振り返ってみるのもいいですね。

むくみにもタイプがあるって知ってる?

むくみ状態は水分が必要以上に体内に留まっている状態ですが、この状態を東洋医学では「水毒」と考えられています。主に水分の過剰摂取による水毒、塩分・水分が腎臓に留まっている水毒、冷えからくる水毒の3タイプに分かれます。

水分の過剰摂取による水毒

必要以上に水分を摂取することで体内の水分量が過剰になってしまっているタイプです。

1日〇リットル飲む!など決めて飲んでいても、人によって筋肉の量や代謝量も違います。自分の体にあった水分量よりも多くとってしまってむくでしまう人もいるのです。

また水分の過剰摂取によって胃液が薄まり、胃腸の働きが鈍くなることもあります。そうすると腸までむくんでしまい、むくみ腸にもなりやすいのです。

塩分、水分が腎臓にとどまっている水毒

体の電解質バランスが崩れるため、体がだるく感じたり、疲れやすい状態になるタイプです。食生活の乱れからくるもので、塩分や脂肪分の摂りすぎが原因になります。

腎臓にも負担をかけるので生活習慣病にもなりかねないので最も注意が必要な水毒です。早めに生活習慣を見直しましょう。

冷え性からくる水毒

内臓が冷えると代謝が悪くなり、体内循環も滞るため、むくみになりますやすくなります。

その他にも痩せにくくなったり、生理不順などホルモンバランスの崩れも引き起こす恐れがあります。夏でも腹巻をするなど内臓を冷やさないようにすることが大切です。

むくみに酵素が効くらしい?!

むくみに酵素が効くと聞いてもピンとこない人も多いのではないでしょうか。

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、それぞれ体の活動に欠かせないものなのですが、消化と代謝をそれぞれ司る重要な役割を担っているのです。食べ物を消化する酵素が減ると消化不良になり筋肉や内臓など体の活動に必要な栄養を吸収することができなくなります。

また、吸収した栄養をエネルギーに変換する代謝酵素が減ると筋肉や内臓の活動も低下するため全身の循環が悪くなります。逆にそれぞれの酵素が十分に働くことで全身の循環は良くなることが考えられます。

二つの酵素は人間の体で作られるのですが、作られる酵素の数は限られています。また消化酵素が優先して作られる特性があるため、暴飲暴食を続けていると体内の消化酵素を使いすぎてしまい、代謝酵素が作られず代謝へも影響してしまうのです。

なるべく適量を食べることも大切ですが、それとともに食事でも酵素を取り入れることができるので積極的に生野菜や果物など酵素を多く含んだ食事をとることもお勧めです。

むくみ予防にための食事

むくみには食生活が大きく関係してきます。

塩分が多くなると電解質バランスが崩れて、体に水分を貯めこみやすくなります。この塩分の排出を促してくれる栄養素をうまく摂り入れましょう。

 

サポニン

きゅうりやトマト、ケールなど生野菜に多く含まれる栄養素です。むくみ解消に効果があるので最近流行っているスムージーなどにして飲むのもお勧めです。

カリウム

バナナ、イモ類、ナッツ類、海藻類に含まれています。塩分を排出するのを助けてくれます中でもバナナはカリウムが豊富に含まれているので特にお勧めです。

ポリフェノール

黒豆、大豆、ブルーベリー、コーヒー、緑茶、カカオ、生姜などいろいろな食材に含まれています。抗酸化作用があるため、血液がサラサラになると言われています。

ビタミンB1、B6

B1は糖質、B6はタンパク質の分解を助けて血液をサラサラにしてくれます。B1は豚肉、豆腐、ホウレンソウ、ゴボウなどに多く含まれています。

B6は大豆、にんにく、バナナ、まぐろ、サンマ、カツオなどの赤身魚にも含まれています。

同時にたくさんの栄養素がとれる食材もあるので、うまく組み合わせて取り入れられるといいですね。

ホウレンソウとバナナと豆乳のスムージーなども手軽のむくみ対策として栄養をとれるのでお勧めです。

むくみ解消に漢方も

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りタイプ、胃腸が弱い人におすすめの漢方です。

五苓散(ごれいさん)

体内に水分を貯めやすく腎臓に負担がかかりやすい人におすすめです。難聴やめまいのある人も実は腎臓が影響していることもあるそうです。腎臓が機能低下によるむくみが影響しているとされているのです。そんな腎臓が疲れ気味の人に効果を発揮してくれる漢方とされています。