酵素とは?ダイエットに効く?その役割とは

最近よく「酵素」って言葉をよく耳にしませんか?

酵素ダイエットや酵素サプリなどなど。なんとなく体に良いってことはイメージできても酵素ってなんなのか意外と知らない人も多いのではないでしょうか。そんなあなたのために、酵素について分かりやすく説明させていただきます!

私たちを影で支える3大酵素!

酵素は人の体内や食べ物など色々なところに存在しています。酵素には人の体で作られ、体内で働く消化酵素と代謝酵素、そして食べ物から摂取して取り込む食物酵素の3種類があります。各酵素はそれぞれどんな役割をもっているのでしょうか。

これがないとはじまらない!消化酵素

消化酵素は口腔内や胃などで分泌される酵素です。口から入った食べ物にはタンパク質や炭水化物、脂質などの色々な栄養素があります。私たちの体は、それらの栄養素をそのままの状態で吸収することができません。そこで登場するのが消化酵素。消化酵素にもいろいろな種類があり、様々な栄養を吸収できる形にまで分解するよう、各消化器官で働いています。

消化酵素のおかげで私たちは食べた物から栄養を吸収することができるのです!

エネルギーを作り出す代謝酵素=ダイエットの要!

代謝酵素は筋肉や内臓に存在しています。私たちが体を動かしたり、考え事をしたりなどのすべての生命活動を司る酵素で、体の各組織に独自の働きをする代謝酵素が存在しています。

食事から摂取した栄養素(タンパク質、糖質、脂質など)をエネルギーに変換する、いわばエンジンの役割を担っているのです。代謝酵素が効率よく働く体は、代謝能力が高く、肥満になりにくいとも言われています。

酵素って食べ物にもあるの?食物酵素

自然界のすべての食べ物には食物酵素が存在しているとされています。食べ物を放っておくと熟していくのも食物酵素の働きと言われています。役割は消化酵素と同じになるため、摂取した食物酵素によって栄養素を吸収しやすい形にまで分解することができます。食物酵素の助けで消化酵素の分泌が少なく済むようになります。

しかし、食物酵素は加熱調理によって死滅してしまうため、生のまま食べなくては体に取り入れることはできない希有な酵素なのです。

あなたは大丈夫?酵素不足になってない?

さまざまな役割がある酵素ですが、もし酵素が不足するとどんなことが起きるのでしょうか?

消化酵素が足りなくなると、食事で取り込んだ栄養素を分解することができず、十分に栄養を吸収することができなくなる恐れがあります。また代謝酵素が足りなくなると、栄養を取り込んでも実際の活動に必要なエネルギーに変換されないため、疲れやすい体になると言われています。代謝酵素不足は摂取した栄養素がエネルギーに変換されないので太りやすくなるなんてことも起こりかねません。

体内の酵素不足が生じると、栄養不足や肥満、疲れやすさなど健康面での問題が懸念されるようになるのです。
 

酵素の数は既に決まっている!

一生のうちに作ることができる酵素の量は決まっていると言われています。潜在酵素というものの数が決まっており、その潜在酵素から消化酵素と代謝酵素が作られるためです。そのため酵素を過剰に使ってしまう生活をしていると、酵素不足に陥りやすくなるのです。

“酵素の無駄遣い”していませんか?

どんな生活が酵素不足になるのでしょう。

  • 甘いものを食べすぎる
  • 揚げ物やラーメン、焼肉など油っこい物を食べることが多い
  • インスタント食品やファストフードなどをよく食べる
  • ついつい食べ過ぎてしまう
  • 生野菜を食べない
  • 食事の時間が遅くなる

当てはまる人も多いのではないでしょうか。

甘いものや油っこいもの、インスタント食品などは糖質や脂質が多い為、それらの栄養素を分解するには、より多くの消化酵素の分泌が必要になります。それらの過剰な摂取は消化酵素の無駄遣いになってしまっているのです。また生野菜をあまり食べないことは食物酵素を取り込む機会が少なくなるため、消化酵素の分泌が多くなってしまいます。

食事時間については酵素の活性や胃の活動のピークは正午から夕方にかけてといわれています。そのため夜遅くに食事をすることは酵素の活性が低い状態で働かなければならず、やはり多くの酵素を必要としてしまうのです。こういった生活習慣は心当たりのある人も多いと思います。

知らないところで酵素を無駄に使って、体が作ることのできる量を減らしていたかもしれないのです。これからは、なるべく酵素の無駄遣いを減らせるよう生活習慣に注意をして、食物酵素を効率よく摂り入れることで、残りの酵素を大切に残していけるといいのではないでしょうか。

もう酵素を減らさせない!

ではどのようして酵素を大切に使っていけばいいのでしょうか。

前述したように食物酵素は熱に弱いので、野菜や果物を生で食べることをお勧めします。もともと野菜や果物には食物酵素が豊富に含まれていますので、是非食事に取り入れるようにするといいでしょう。また発酵食品もおすすめです。

発酵食品は発酵の過程で、多くの消化酵素が発生します。さらに発酵食品は酵素だけでなく乳酸菌も豊富です。この乳酸菌は酵素の働きを手助けしてくれるので、こちらも是非合わせて取り入れてもらいたいですね。特に植物性乳酸菌は胃酸にも強く腸まで届きやすいので、おすすめです。

また食後よりも食前(1時間前)に取り入れることで、食事で摂取した栄養素の分解にさっそく役立ってくれるので尚効果を期待できるのではないでしょうか。

それではお薦めの食品を詳しく紹介していきます!

野菜・果物

まずは野菜です。大根 キャベツ 山芋 玉ねぎ を始めとする根菜類。他にはセロリ 人参 トマト きゅうり ブロッコリースプラウト にんにく しょうが なども有効です。

次に果物です。りんご バナナ パイナップル キウイフルーツ アボカドなどです。朝に軽く食べられるものが多くてありがたいですね。

発酵食品

チーズ ヨーグルト、
<植物性乳酸菌を含むもの>
納豆 漬物 ぬか漬け キムチ(添加物に注意) 甘酒 みそ

高めよう!酵素力

酵素が働きやすい体内環境を整えるためにできる生活習慣があります。

食事

前述した食品を多く摂り入れることもそうですが、食物繊維を多くとることも腸内環境が整い酵素が働きやすくなります。また抗酸化食品も体内の活性酸素による代謝効率の低下を防いでくれる強い味方です。また発酵食品は抗酸化作用のあるビタミン類を多く含むため体の参加を防ぎ、細胞が保護されるので代謝効率もよくなります。それによって代謝が向上し、肥満の防止にもなるのです。

睡眠

睡眠は日中に使う酵素を作り出して、蓄える時間になります。しっかり酵素を蓄えられるよう夜更かしせず、できれば深夜0時までに就寝し7時間程度の睡眠を確保することをお勧めします。

酵素の力で楽しい毎日を

活動的な毎日を過ごすためには健康な体を保つことが大切です。いま一度、食生活を中心に生活習慣を見直して、食物酵素をうまく摂り入れ、体の酵素が効率よく働ける体内環境を整えましょう。あなたの健康で生き生きした毎日に、酵素の力が役立ってくれるはずです。